据置型Android車載端末仕様

呆れつつもせめて機体や画面表示で判るだろうと調べてみても、
前面ベゼルや筐体背面側にも表示一切なし…
起動画面(YouTube動画)にもなし…
バージョン情報表示にもなし…

それでは、気を取り直してスペックでも。

OS Android 4.4.4 Kitkat
CPU Rockchip 3188 Cortex A9 Quad Core 1.6GHz
RAM 1GByte
ROM 16GByte
Display 8inch WSVGA 1024×600 静電容量式
WiFi 802.11 n/g/b 2.4GHz
Bluetooth 対応(ver不明)
USB USB2.0 3port(Front1, Rear2)
GPS 対応で外付け(GLONASSやみちびきなどは未対応と思われる)
SD 2slot MAX ?GByte(32GByteまで確認済)
Radio AM/FM FMは日本の周波数帯対応らしいが確認できず

Android端末のスペックとしては1万円の格安中華端末相当です。ただし、画面解像度も低く車載用(ナビ,音楽,ドライブレコーダー)として用途限定で使う分にはレスポンス面で不快には思いません。価格は送料込みで5万円程度でした、Androidタブレット1万円+ドライブレコーダー5000円+カーオーディオ1万円と考えると…高い(´Д⊂ヽ

外部機器との接続については下記図からが判りやすいでしょう。
Android車載機接続図
図中にあるリアカメラやiPod、USB 3Gモデムは付属しません。また、図には記載がありませんが別売りオプションのUSBカメラを付けることでドライブレコーダーとして使用することもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *