据置型Android車載端末のオーディオまわりレビュー

アンプ

45W×4ch

詳細は不明ですが特に変わったこともないICのアンプでしょうか?音質面でも特筆すべきことはなく良くも悪くもありません。こだわりすぎないのであれば十分でしょう。

調整機能

  • イコライザー
  • ラウドネス
  • バランス(LR, FR)

以上!視聴環境の悪いカーオーディオではホームオーディオと違って高度な調整機能は必須(だと管理人は考えている)ですが、タイムアライメントやチャンネルデバイダなど数万円クラス以上のカーオーディオが備えている機能はありません。これらの機能の実現にはAndroid用のCPUとは別に専用のDSPやRAMが必須になるので致し方ないかもしれませんが。

対応ソース

  • AM/FMラジオ(FMラジオのBandが87.5MHz~となっており日本ではほぼ使用できない?)
  • 外部入力
  • iPod(30pin dockコネクタ)入力
  • DVD(CPRMは未対応っぽい)
  • Androidアプリでの再生ソース

2015年07月26日14時48分35秒
折角のAndroid搭載ですのでUSBやmicroSDに大量の音楽データを入れてジュークボックスとして活用するか、思い切ってGooglePlayMusicやLineMusicなどクラウドからのストリーム再生をメインとしたいところです。

入力機能や調整機能を考慮すると1万円のカーオディオ相当でしょうか、特に悪いものではありません。ただし、ライン出力とサブウーファー用出力もあるため音質調整面での不満は何とでもなり、別途手持ちのcarrozeria DEH-970を接続して音質まわりは増強しました。

0 thoughts on “据置型Android車載端末のオーディオまわりレビュー

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *