USB Type-Cクレードル KiDiGi Omni Case Compatible Dock レビュー

就寝時にNexus6Pを充電しておくためにKiDiGi Omni Case Compatible Dock クレードルを入手いたしました。使い心地などを記載いたします。

素材・重量感

クレードル自体で120gあり重心も低いためNexus6Pのような大型で重量感ある端末を置いても安定して支えることができます。また、側面の端末本体と触れる部分や底面にはゴム素材が使用されていることから端末を傷つけにくい、滑りにくいなど安心して使うことができます。

PC080001.JPG

構造

背面からUSB Type-Aオスコネクタ付きケーブルが直接出ています。また、USB Type-C端子が飛び出す長さを微調整するためのダイヤルがあり、様々なType-C端末に適合させることができます。

さらに、Nexus6Pの指紋センサを隠さないため、端末を設置したままロック解除・操作することも可能です。

PC080017.JPG

充電速度

Anker PowerPort 10との組み合わせで2.34Aでの充電が確認できました。PowerPort10の最大出力電流2.4Aに近く本クレードルでの電気抵抗値は十分に小さいことが想定されます。

無題.jpg

2015/12/23追記

1.5A以上の電流で充電されているためUSB Type-CのCCラインの抵抗を調べるアプリCheckRにてテストしたところ3A充電仕様と判定されております。

総括(2015/12/23変更)

汎用のクレードルとしてはやや高価ながらも各所の造りはしっかりしております。

しかし、電流制限機能がない充電器で使用すると充電器にダメージを与える可能性があることから3A出力可能な充電器と組み合わせることを推奨します。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *