Nexus6PのUSB A-C変換ケーブル使用時の充電速度

Nexus5X/6PにはUSB Type-Cコネクタが採用されており、Type-C規格の充電器やケーブルを使用することで高速に充電することができます。しかし、一方で出力電流容量の低い充電器とUSB A-C変換ケーブルの組み合わせにてNexus5X/6Pを充電すると充電器損傷や火災の恐れがあります。

そこで、実際のUSB A-C変換ケーブルを使用したアクセサリ類で充電電流値について検証をしてみました。

USB A-C変換ケーブルを使用してNexus5X/6Pを充電した際の問題については下記サイトに解りやすく解説されておりますのでご覧ください。

AmdMemさんのブログ該当記事

 

規格資料(電子系クラスタの人用)

MicroChip社によるUSB Type-C CC信号規格解説

Google技術者によるUSB Type-C周辺機器考察記事

 

まずは当方手持ちのクレードルでの確認結果

わざわざテスターを使用してなくてもアプリCheckRで簡単に判定可能です。

PC230003.JPG

3Aで充電・NGと判定されました。実際の充電電流も2.34Aと1.5Aを超えています。

無題

それでは実際にこのクレードルを分解調査して正しく判定されているか確認します。

IMG_20151225_230331.jpg

CCラインは10KΩでVBusラインにプルアップされていました。この場合、デバイス側のプルダウン抵抗5.1kΩとCCラインの電圧を計算すると約1.6Vとなり3.0A充電仕様となっております。

次にこの10KΩを22KΩに変更します、この変更でCCラインの電圧は約1.0Vとなり1.5A充電仕様になるはずです。

(通常、変換ケーブルは56kΩでプルアップすることが推奨されております。本記事での改造仕様のものは1.5A以上の電流供給能力がある充電器と組み合わせて使用する必要があり、PCのUSBポートに接続してはいけません。)

参考資料(MicrochipのUSB Type-C規格資料抜粋)

無題.png

 

充電電流確認結果

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

電池残量が少ない時に充電しても1.5Aを上回らないようになりました。CheckRで判定したところSafeとなっております。(3.0A仕様かどうかの判定らしい…)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *